タワー投資顧問って何だろう?
顧問会社のイメージと投資のデータ

タワー投資顧問のタワーは中小銘柄中心の投資のことを指します。その為、タワー投資顧問は仕手筋のようなイメージをもたれる方も多いのではないでしょうか。当サイトではタワー投資顧問について詳しくご紹介いたします。

貴金属を資産運用!?買取で株などの投資に回せる!

貴金属やダイヤなどのジュエリーは希少性があるため、価値が安定しています。
形見として相続したブランド品のジュエリーは、リフォームすればデザインを変更できます。
デザインを新しくして使用するというのも1つの方法ですが、専門店に買取に出すという選択肢も考えられます。

貴金属やダイヤなどのジュエリーは安定した資産価値があります。
買取に出す場合には、時期を考慮することが重要です。
ジュエリーの価格は短期的に低下することもありますが、価値が完全に失われることはありません。
長期的に値上りを待つことができます。

株式や通貨、債券などへの投資では発行主体が破綻して投資した資金を回収できなくなるリスクが存在します。
確かに株式投資などは大きな利益を得られる可能性がありますが、同時にリスクも許容する必要があります。
債券を購入する場合には一般企業の社債よりも日本政府やアメリカ政府などが発行する国債の方が安全性は優れています。
ただし株式や通貨、債券には信用リスクがあるので、世界経済が恐慌状態になった場合に投資した資金を回収できなくなる可能性があります。
一方貴金属やダイヤの価値は完全に失われることがありません。

世界経済がどのような状況に陥っても、貴金属やダイヤを保有していれば資産を守ることができます。
ジュエリーの価格も一時的に低下することはありますが、長期的には価格が上昇します。
貴金属やダイヤは希少性があり、採掘できる埋蔵量は限られています。
一方で常に世界的な需要があり、戦争や紛争などが起こると価値が跳ね上がります。
ジュエリーは長期的に安定した資産運用をするのに最適です。
短期的に急激な値動きにより利益を得たい場合には、株式などに投資することになります。

リスクを抑えて資産運用するには、ジュエリーへの投資の他にも預貯金で運用する方法が考えられます。
また個人向け国債の購入も低リスクです。
しかし預貯金の場合には金利が低いため、大きな利益を期待することができません。
個人向け国債も安定した資産運用はできますが、大きな利益を得たい場合には不向きです。

より大きな利益を得たい場合には、リスクを許容して株式や通貨に投資する必要があります。
株式や通貨への投資では現物取引だけでなく、信用取引を行なうこともできます。
信用取引では元手となる資金の何倍もの取引が可能です。

株式や通貨へ信用取引による投資を行なう場合には、大きな利益を得られる可能性がある一方でリスクも大きくなります。
初心者が株式などを購入する場合には、信用取引ではなく現物取引が最適です。
また信用取引を行なう場合にも、倍率をなるべく小さくすればリスクを抑えることができます。
株式の信用取引では似た値動きをする2つの銘柄について、買い注文と売り注文を同時に出す方法もあります。
この方法では株価がどのように変化してもリスクを回避することができます。
トータルでプラスになっている段階で決済すれば、利益を得ることが可能です。

似た値動きをする2つの銘柄について同時に買い注文と売り注文を出した場合でも、株主優待を得ることができます。
株式投資で得られる利益には、キャピタルゲインとインカムゲインがあります。
キャピタルゲインは取引によって得られる利益で、インカムゲインは配当金や株主優待のことです。
買い注文と売り注文を同時に行なう方法は、キャピタルゲインとインカムゲインがトータルでプラスとなった時点で決済して利益を確定します。
その他にも長期的に株式を保有することで、値動きによるリスクを回避する方法もあります。

株式や通貨への投資はジュエリーの購入や預貯金などと比較してハイリスクですが、リターンも大きくなります。
ローリスクなジュエリーへの投資などと組み合わせて資産運用するのが合理的です。
貴金属やダイヤは安定した資産運用ができるだけでなく、売却して現金化すれば株式などを購入する際の資金にもなります。