タワー投資顧問って何だろう?
顧問会社のイメージと投資のデータ

タワー投資顧問のタワーは中小銘柄中心の投資のことを指します。その為、タワー投資顧問は仕手筋のようなイメージをもたれる方も多いのではないでしょうか。当サイトではタワー投資顧問について詳しくご紹介いたします。

投資顧問の影響力を三菱投資信託の日経平均で

投資顧問の主な仕事は、投資家が投資先を選ぶ際に専門家の立場からアドバイスを行ったり、また仕手株などの予測情報を提供することにあります。その為投資顧問として必要な知識は一般の投資家が目を配らないようなところに目を配り、リスクなどを踏まえて総合的な株価の変動を予測するために必要なものです。
一般の投資家が良く目にする株式指標としては、東証平均と日経平均ですが、日経平均がその知名度や正確性が高いと言われています。その為多くの投資家がこの指標を参考にし株価変動を予測しています。その為投資顧問も日経平均を決して見落としてはいけないのですが、その上で投資顧問独自の情報を集める必要があります。
三菱投資信託は投資家の間では長年非常に信頼されている信託銀行です。その理由は投資顧問としての力量が高く、その予測が多くの投資家に信頼されているからです。しかし、三菱投資信託が信頼されているのはその予測の正確さだけではなく、その予測を元に投資家の動きも予測し、株価の変動を見越すことのできる総合的な力量にあります。
一般的に個人の投資顧問などは株式市場の変化を予測しますが、その予測に従い投資を行う投資家はあまり多くはないものです。従って予測が的中することにより利益を得るのは一部の投資家のみで、その行動が市場に影響を与えることは少ないものです。しかし、三菱投資信託の様な大手が予測をおこなった場合には多くの投資家が追随するため、その動向が市場に大きな影響を与えてしまいます。その為三菱投資信託の様な大手はその投資家の動向によるその後の株価の動向まで予測して行動することが求められます。間接的には日経平均の数値にまで影響を及ぼすことも考えられ、その動向が注目される投資顧問なのです。